住宅ローン審査

住宅ローン審査

住宅ローン審査の基準や流れについて。

最安値通販.navi > 住宅ローン審査

住宅ローン審査 基準

スポンサード リンク

慎重になることもないですが、大胆になってもいけないですね。
金融機関の審査って大きく、年収、勤続年数、返済期間、借入額、そして完済年齡です。
年収や年齡からおおよその借入額が決まりますので購入したい物件と購入できる物件は違うといことも知っておいて下さいね。
実はこの完済年齡ってあまり気にしていないかも知れませんが、重要なんです。
完済年齡80歳だとして・・・80歳になっても今と同じ収入があるかどうか?
難しいですよね。
理想としては35歳位までに組むことが賢明かも。( ̄ー ̄)ニヤリ
また、給与所得者と自営業者でも違います。
給与所得者は源泉徴収票。自営業者は3期分の確定申告書。
基本3期分の黒字決算をしていないと借入って難しそうです。。・゚・(ノД`)・゚・。。

そして、毎月のことですから、金利ですね。
大手金融機関にこだわらず、ネット銀行など金利も検討されてもいいと思います。
変動も固定も大手と比較してびっくりw(゜o゜)wするような金利になっています。
金利の魅力を感じてしまうと大手もあまり関係なくなりますね。(・∀・)
しかも、病気をして働けなくなった時の保険がついていたり。。。。

住宅ローン審査を上手く活用したいですね。

住宅ローン審査流れ

スポンサード リンク

マイホームを購入する際の流れとしては、不動産の売買契約と住宅ローンの審査・契約という2本立て。(・∀・)
マンションや戸建ての購入は不動産屋さんで売買契約を結びます。
(この時、特約契約を結び住宅ローンが通らないと契約は白紙になりますというものにします。)
その売買契約を元に銀行で借りるための審査を受けます。

住宅ローンの申し込み書に必要書類(売買契約書や重要事項説明書等)を添付して仮審査を受けます。通ればほぼ同時に本審査。
本審査では個人情報として借りる人の他に借金がないかどうかチェックされます。
特に車のローンを組まれているような場合には、アウトになる場合もあります。

つまりその人の属性によって借入額の枠が決まっているのでトータルでいくらまでというのがあるんですね。
最後は銀行から融資が通りましたとかダメでしたとかいう連絡があります。
通れば晴れて、銀行での金消契約をし、続いてマイホームの決済ができ、我が家を手に入れることができます。(・∀・)

住宅を購入する流れを知っておけば、右往左往することはないですね。

住宅ローン審査 トップへ戻る