ETCカード

ETCカード

楽天やJCBのETCカードについて。

最安値通販.navi > ETCカード

etcカード jcb

ETCって?自動料金支払いシステムのことですね。
高速道路の出口で支払うお金を自動で支払うシステム。
よく、料金所で前の車が現金でモタモタしているとイライラしてくることありますね。
このETCを使用すれば、キャッシュレスでゲートを通過できますね。
またメリットとしては、早朝夜間割引、深夜割引、通勤割引などが受けられて通常よりも最大で50%オフになる。現金で支払っていることが馬鹿らしくなりますよね。
しかも有料道路の出入口でスムーズに通過できる。
時間短縮にもなりますね。
また、マイレージサービスとして走れば走るほどポイントがたまり、たまったポイントは無料通行券として利用できるのがJCBでも利用できるのがウレシイですね。☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ
例えば、30,000円で600ポイントをもらえますが、2500円分無料になるんですね。

ETCで定番と言えばJCBですね。
JCBでETCを利用すれば最大で6000円のキャッシュバックがあります。(・∀・)
使えば使うほどメリットとしてのキャッシュバック率や額もアップするのでウレシイですよね。
このJCB1枚で携帯電話や光熱費等から買い物まで支払いを1枚にまとめてしまえば更にお得( ゚Д゚ノノ☆パチパチパチパチ
すでにJCBカードを持っているなら専用カード(分離型)を作れますし、一体型の場合は2枚持つ必要がないのも便利。
ETCは個人でも法人でも作れますね。
これまでにJCBカードを所有している場合でも、作れますのでJCBの公式サイトから確認して見て下さいね。
JCBは一般とゴールドがあります。JCB一般は初年度年会費無料なのもウレシイですね。

楽天etcカード

楽天は今1番申し込まれているカードの一つ。☆・:゚*オォヾ(o´∀`o)ノォオ*゚:・☆
ショッピングと連携しているので有料道路をETCを使っても楽天のポイントがつく。( ̄ー ̄)ニヤリ。
そして、通行料金100円で1ポイントをゲットできる。
3万円なら300ポイントですね。
楽天自体は年会費無料ですが、ETCは年額525円かかります。
JCBと楽天を比較した場合、年会費はそれぞれ1312円と525円ですが、それ以外の生活で支払いを一括まとめてカードで支払うようにすればトータル的にJCBがお得かも。
楽天で買物をたくさんするなら楽天にお得感が出てくる可能性もありますね。
いずれの場合も年間で3万円以上有料道路をETCで利用するなら年会費分は十分ペイできます。( ̄ー ̄)ニヤリ
楽天でも「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」は年会費も無料になる可能性があるので楽天でショッピングをしているなら作っていてもいいですね。

楽天の公式サイトはこちら ⇒  年会費永年無料の楽天カード

ポイントは楽天かJCBのどちらかで支払いを集約することですね。

ETCカード トップへ戻る